新着情報 | 共同募金って? | 募金しよう | 災害支援 | 助成金申請 | 募金実績 | 助成実績(はねっと)
赤い羽根は、「助け合い」「思いやり」「しあわせ」のシンボル

共同募金会では、寄付者の皆様がいつでも、どこでも、自発的に、お気軽に寄付に協力できるよう、さまざまな募金方法をご用意させていただいております。
皆様のライフスタイルに合った方法で、募金にご協力ください。

社会課題解決プロジェクト

共同募金会では、緊急の社会的課題として、自殺、虐待の防止活動、学業も仕事もしていないニート、路上生活者、多重債務者、難病者、被災者、犯罪被害者の支援などを取り上げ、その課題解決のための活動を支援しています。
これらの支援活動を行っていくために、共同募金会と一緒に、広島県内において共同募金運動を展開し、社会的課題を解決してくれる団体を広く募集しています。


地域テーマ募金

地域で起こっている新しい課題・タイムリーな課題・地域住民が立ち上がって地域の課題を解決しようとする事業などを、世の中の人の賛同を得てみんなで応援していく募金です。


寄付金付き商品のご案内
赤い羽根の水

[赤い羽根の水]の売上金の一部が赤い羽根共同募金として寄付されます。


カープ×共募コラボ企画イベント

広島東洋カープとのコラボレーションにより、期間限定の赤い羽根Tシャツ(寄付金付き商品)を作成しました。
また、赤い羽根カープコラボゲームを併せて企画いたしました。


さまざまな募金方法の紹介
戸別募金

募金ボランティアが各家庭を訪問するなどして寄付をお願いさせていただく「戸別募金」を実施しています。

街頭募金

駅前、デパートなどの入り口で通行されている方に寄付を呼びかける方法です。
芸能、文化、スポーツの著名人が参加し運動を盛り上げているところもあります。街頭ではユニフォームを着てバルーン、チラシ、ワッペンなどを使って募金活動を行っています。

法人募金

法人(企業)にとって、社会貢献活動となり、福祉への関心を高め企業イメージの向上になるなど、意義のあることをご理解いただいて、寄付を呼びかける募金です。
市町共同募金委員会の役職員や募金ボランティアによる訪問活動やダイレクトメールによる寄付の依頼を行います。また、顧客にイベントや店頭で募金を呼びかける動きやマッチングギフト(職域募金の寄付額に、企業として同額を寄付する)などの取り組みも増えてきています。

職域募金

企業、団体、官公庁などで,職員の方々に呼びかける募金です。
市町共同募金委員会の役職員や民生委員などが各職場を訪れて依頼することからスタートします。また、職域に共同募金の協力を進める推進委員などを置いて募金を呼びかけるところもあるようです。

学校募金

小中高の学校などで児童・生徒に呼びかける募金です。
主に、市町共同募金委員会職員が教育委員会、学校を訪れ募金を依頼します。
募金活動や助成活動に生徒児童が参加することによって福祉の心を豊かにできる福祉教育の一環として実施されています。募金活動では生徒会などが、赤い羽根や、組み立て式募金箱を活用して自主的に行う活動が増えています。
また、「総合的な学習の時間」において、共同募金会では子どもたちが福祉を学ぶための導入として、赤い羽根募金への活動への参加をご提案しています。

イベント募金

さまざまなイベントを実施してその場の人に寄付をお願いする募金です。
広報的効果もあります。  会場に募金箱を設置したり、イベントを楽しむ人々にチケットの一部として募金を呼びかける動きが増えています。


そのほかにも様々な寄付や協力の方法があります



社会福祉法人 広島県共同募金会
〒732-0816 広島市南区比治山本町12-2 広島県社会福祉会館 TEL 082-254-3282 FAX 082-254-1975
まちの共同募金窓口 | 関連リンク | お問い合わせ | プライバシーポリシー | 関係者向けページ
Copyright 2003-2016.Hiroshima Community Chest All Right Reserved.